2018年10月25日

10/27(土)午後、公開学習会「 #公契約条例 とは何?」を開催します。入場無料

いま、自治体が発注する公共工事や業務委託(公契約)において、ダンピング受注が激化し、そのしわ寄せが、労働者の賃金を低下させています。

低額発注や重層下請のピンハネ構造による低賃金は、ワーキング・プアを生むだけでなく、公共サービスや建築物の質の劣化・事故を招きます。埼玉県ふじみ野市(2006年)や大阪府泉南市(2011年)で起きたプールでの児童の死亡事件は、低額発注と管理・運営の丸投げによって、必要なスキルをもった労働者が現場に配置されなかったことが事態を深刻化させました。
さらに低賃金による労働者不足などで建設産業そのものが疲弊し、地域経済の維持に警鐘が発せられ、老朽化している生活関連インフラの改修すらできない事態が起きています。

その打開のため国土交通省は、2013年から2016年にかけて公共工事設計労務単価を全職種平均で34.7%(東日本大震災被災地では50.3%)引き上げ、「適切な賃金水準の確保や社会保険加入」を業界団体や自治体に要請しました。
これによって、公的機関からの工事発注単価は改善されましたが、元請企業や中間業者に「中抜き」、改善されない重層下請け構造などによって、現場の労働者に届いていないのが現状で、現場労働者の処遇は政府の意図どおりには改善されていません。
さらに、アウトソーシングや指定管理の現場で働く多くの労働者の賃金は、最低賃金に接近しています。

こうした実態を改善するために、今、「公契約条例」の制定が各地に広がっています。
公契約条例の目的は、発注額と労働者の賃金の適正化により、公務・公共サービスの質の確保、事業者の健全経営、労働者の暮らしの安定と技能向上を確保し、地域循環型経済の確立をめざし、市民が安心して暮らすことのできる地域社会を実現しようとするものです。

そこで、県民とともに現状を学び、県労連運動方針にも掲げている公契約適正化のとりくみを前進させるために、全労連常任幹事で、賃金・公契約運動局長を務めている斎藤寛生さんを講師に招いて、民主長崎県政をつくる会との共催で次のとおり公開学習会を開催します。
入場無料。どなたでも参加できます。

■公開学習会「公契約条例とは何?」

○日 時  10月27日 (土) 13:30〜16:00

○場 所  長崎市民会館6階 第9、10会議室 (長崎市浜町アーケード入口)

○講 師  斎藤寛生さん(全労連常任幹事、賃金・公契約運動局長)

チラシ20181027・公契約条例.jpg

posted by nagasakikenrouren at 07:58| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

県労連、7月31日の長崎地方最低賃金審議会で意見陳述

IMG_4736.JPG

7月26日、中央最低賃金審議会は2018年度地域別最低賃金の目安額を確認、各地方の最低賃金改定に向けた審議が本格化しています。

長崎でも、本日(7月31日)長崎地方最低賃金審議会の今年度2回目の本審が開かれ、長崎県労連から、事務局長が参考人として意見陳述を行いました。その後早速、専門部会(非公開)が開催され、審議が行われています。

ここでは、県労連から長崎地方最低賃金審議会に提出した意見書(7月20日提出)の内容を掲載します。

2018年7月20日

長崎地方最低賃金審議会
会長 深浦 厚之 様

長崎県労働組合総連合
議長 大場 雅信

意 見 書

 長崎地方最低賃金審議会審議委員のみなさまにおかれましては、県下の労働者および中小零細業者の生活向上のために、今年度の長崎県最低賃金の改正においてご尽力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 労働基準法第1条は、働いて得る賃金は、「労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない」と定めています。また、最低賃金法の第1条は、「労働者の生活の安定、労働力の質的向上及び公正な競争の確保に資する」とあります。しかし、働いても生活できない、現行の最低賃金の水準は、法の趣旨を充たせない状態です。こうした状態は直ちに解消されるべきです。

 そこで、長崎県最低賃金改正の審議にあたり、長崎県労連としての意見を以下のとおり述べさせていただきます。

1   最低賃金を、安倍政権が目標としている「3%」にとどまることなく、政府の雇用戦略対話における政労使合意(201063日)をふまえ、大幅に引き上げるべきです。

 長崎県労連、そして上部団体である全労連は、最低賃金を時間額1,000円以上に今すぐ引き上げることと、全国一律最低賃金制度の実現を求めています。
 世界的にみても日本の最低賃金の低さは際立っています。日本の経済規模にふさわしい水準への引き上げは内需拡大のためにも急務です。
 2018年1月から、韓国の最低賃金は、7,530ウォンに引き上げられました。円に換算(10ウォン=1円)すると、時給753円となり、長崎県を含む日本のDランクの17県とCランクの徳島県は韓国の最低賃金を下回ります。2020年には1万ウォン(=1,000円)まで引き上げるとされていますが、安倍政権が目標としている「毎年3%引き上げ」では、2020年には全都道府県で韓国を下回ることになります。さらに韓国は「全国一律最低賃金制」です。
 「できる限り早期に全国最低800円を確保し、2020年までに全国平均1,000円をめざす」とする政労使の合意による「雇用戦略対話」に基づいて最低賃金を大幅に引き上げることこそ、消費購買力を確保し、地域経済と中小企業の経営を発展させる道です。

2   大都市圏との地域間格差の是正に踏み出すべきです。

 地域別最低賃金の最高額の東京都は、時給958円。最低額は長崎県を含む7県の737円。その差は、時給で221円、毎月勤労統計の平均的な所定内労働時間である月155時間労働で計算すれば月額34,255円、年額では411,060円にもなります。このことをSNS(ツイッターなど)で紹介すると、県労連が発信している他の記事よりも多くリツイート(シェア)されています。それだけ、この最低賃金額の差は異常であり、そのことに少なくない人々が気づき、注目しているということです。
 全労連は、全国でマーケットバスケット方式による「最低生計費試算調査」を2006年から実施しています。(以前から紹介している、「長崎県大村市の場合、時間額で1,410円必要」は、この調査の一環として過去に行われたものです。)ここ数年で、北海道、東北各県、埼玉、新潟、静岡、愛知、大阪、広島、四国各県、福岡で実施され、現在、鹿児島と京都で集計が行われています。ほぼ同一項目の「生活実態」「手持ち財」アンケート調査を実施し、それに基づいて、生活実態と手持ち財の総量を具体化し、価格調査も実勢価格を聞き取りして、生活保護基準とされる「70%以上のもの」を標準の持ち物として、「憲法25条を実現できる金額」として導き出された価格を積みあげて、結果を求めています。一連の調査で明らかになったことは、以前から紹介しているとおり、「最低生計費には、地域間格差はない」ということです。25歳単身者が独立して生活する場合、全国どこでも月収22万~24万円が必要であり、首都圏も農村部も大差ないという結果です。地方・地域経済を疲弊させる一因となっている、地域間における最低賃金の額の格差の縮小は、人口減少、地域経済の活性化、若年労働者の貧困問題の解決などに有効な方策ではないでしょうか。
 また、「地方は物価が安い」という意見もありますが、総務省「小売物価統計調査(構造編)」によれば、全国平均を100とした場合、最も高い東京が105.2、長崎は101.8です。長崎の物価は全国平均を上回っているのです。この点からみても、長崎県の最低賃金の額の低さは異常です。

3   長崎地方最低賃金審議会は、専門部会を含め公開としてください。

 聞くところによると、全面的に公開している鳥取地方最低賃金審議会では、「公開することで議論が活発になった」(鳥取県最低賃金審議会元会長の鳥取大学名誉教授・藤田安一氏の談話)という経験が報告されています。原則公開の原点に立ち返って、非公開の決定について再検討し、ぜひ、「公的審議会」らしく、公開の場で堂々と審議することを強く求めます。

4   長崎地方最低賃金審議会で長崎県労連の意見陳述の場を設けてください。

 残念ながら、これまでも、そして今期についても、長崎地方最低賃金審議会委員に労働者代表委員として長崎県労連からは選出されていません。長崎県労連の意見陳述の場を設定するよう求めます。(注:7月31日意見陳述実施済み)

以上

posted by nagasakikenrouren at 11:24| Comment(0) | 最低賃金引き上げ | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

#高度プロフェッショナル制度 反対!「働き方改革一括法案」の採決を強行するな!―2018.6.27、長崎県労連第58回評議員会にて特別決議

18062801.jpeg
#高度プロフェッショナル制度 反対!

6月27日、長崎県労連は第58回評議員会(大会に次ぐ重要な会議)を開催し、春闘のまとめを行い、「『アベ働き方改革』への総反撃をつくりだし、格差是正・均等待遇の実現や時短・労働時間の上限規制など働くルールの確立を求める共同と運動の拡がりを追求」「憲法改悪阻止」「賃金をはじめとする諸要求実現を徹底して追求」などにとりくむ18夏期闘争方針を決定しました。

そして、6月28日にも参議院厚生労働委員会で採決が目論まれている「働き方改革一括法案」に反対する特別決議を確認しました。
その全文を以下に掲載します。

なお、この決議文は、安倍首相以下「あて先」記載の各人へそれぞれ送付します。

【特別決議】

「働き方改革一括法案」の採決を強行するな!

(あて先)参議院議長、参議院厚生労働委員長、内閣総理大臣、厚生労働大臣

「働き方改革一括法案」をめぐっては、628日にも参議院厚生労働委員会で採決が強行されようとしている。

【労働者のいのちと健康が脅かされる】
 法案では、時間外・休日労働の上限が単月100時間未満という過労死ラインの水準に設定されているが、これは、首相が明言した「(過労死の)悲劇を二度と繰り返さない」という公約に明らかに反する。健康被害を発生させない水準まで引き下げるべきである。
 また、厚生労働委員会で議論が集中している「高度プロフェッショナル制度」は、政府のいう「健康確保措置」をとった上でも、休憩なしの24時間労働を48日間連続で行うよう命ずる就業規則をつくることすら合法となっており、「全国過労死を考える家族の会」をはじめ、多くの有識者が、この制度は過労死を促進するものであると危機感をあらわにしている。たとえ「高度の専門的知識を必要とする」等の特定の業務であったとしても、「白紙の奴隷契約」とも言うべきこのような働かせ方は、労働者の命を脅かすものであり、「高度プロフェッショナル制度」は法案から即刻削除すべきである。

【日本経済にとってメリットにはならない】
 そしてこの法案は、「労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会」の実現という目標達成どころか、逆に日本の労働環境の大幅な後退を招きかねない。
 ”karoshi”が世界共通語となり、日本だけ実質賃金が年々減少し、日本の最低賃金が韓国からも追い抜かれつつある中、一部メディア等では日本の若い労働力の海外流出が報じられている。この法案は、日本の優秀な若者たちにとって、マイナスのイメージしか与えない。何よりも、労働者からみれば、「定額働かせ放題」とも言うべき、本来支払われるべき時間外手当が合法的にカットされることが記された法案である。労働者所得の減少が日本経済にとってプラスにならないことは、各種統計がすでに明らかにしている。経済の活性化に水を差すこの法案は、廃案しかない。
 また、これまでの国会審議を見る限り、法案のあまりにも多すぎる問題点に対して、首相や大臣による答弁のはぐらかし等が頻発して質疑に無駄な時間を要し、その結果、議論が全く尽くされていない。

 以上、働き方改革一括法案の拙速な採決を行わないよう、強く求める。

2018年6月27日
長崎県労連第58回評議員会


posted by nagasakikenrouren at 06:47| Comment(0) | 見解・声明 | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

長崎県選出衆議院議員あて:衆議院本会議において「働き方改革一括法案」に賛成しないよう強く求めます!

33131728_1749483188469981_4668777803217371136_n (1).jpg

5月25日の衆議院厚生労働委員会において、働き方改革一括法案の採決が強行されました。
労働時間法制の見直しに向けた実態把握に関する調査データに2割もの異常値が含まれることが発覚し、裁量労働制の拡大をめぐる「ねつ造データ」問題と併せて、立法事実の信頼度が疑われる事態にもかかわらず、審議打ち切り強行採決。
与党は29日にも衆院本会議で可決し、参院に送付する方針と報じられています。

そこで、長崎県労連は緊急に、県選出衆議院議員あて、FAX要請を行いました。

(長崎県選出の衆議院議員)様

衆議院本会議において「働き方改革一括法案」に賛成しないよう強く求めます!

貴職におきましてはますますご清栄のことと思います。
さて、ご存じのとおり、5月25日の衆議院厚生労働委員会において「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」いわゆる働き方改革一括法案の採決が強行されました。与党は29日にも衆院本会議で可決し、参院に送付する方針であると報じられています。
そこで、長崎県下の労働組合で組織している長崎県労働組合総連合(県労連)として、以下の理由により、衆議院本会議において、この法案に賛成しないよう強く求めるものです。

【立法事実が揺らいでいる上に、審議が尽くされていない】
この法案をめぐっては、労働時間法制の見直しに向けた実態把握に関する調査データに2割もの異常値が含まれることが発覚し、裁量労働制の拡大をめぐる「ねつ造データ」問題と併せて、立法事実の信頼度が疑われる事態となっています。にもかかわらず衆議院厚生労働委員会は質疑を委員長が一方的に打ち切り、強引に採決が行われました。

【日本経済にとってメリットとはならない】
この法案は、条文をみる限り「定額働かせ放題」「過労死促進」「白紙の奴隷契約」といった内容を含むものであり、「労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会」の実現という目標達成どころか、逆に労働環境の大幅な後退を招きかねません。
”karoshi”が世界共通語となり、日本だけ実質賃金が年々減少し、日本の最低賃金が韓国からも追い抜かれつつある中、一部メディア等では日本の若い労働力の海外流出が報じられています。この法案は、日本の優秀な若者たちにとって、マイナスのイメージしか与えません。

【何より、労働者のいのちと健康が脅かされる】
時間外労働と休日労働の上限について、法案では単月100時間未満という過労死ラインの水準に設定されています。このままでは、首相が明言した「(過労死の)悲劇を二度と繰り返さない」という公約に反します。健康被害を発生させない水準まで、引き下げるべきです。
また、厚生労働委員会での議論が集中した「高度プロフェッショナル制度」は、政府のいう「健康確保措置」をとった上でも、休憩なしの24時間労働を48日間連続で行うよう命ずる就業規則をつくることすら合法となっており、「全国過労死を考える家族の会」をはじめ、多くの有識者が、この制度は過労死を促進するものであると危機感をあらわにしています。たとえ「高度の専門的知識を必要とする」等の特定の業務であったとしても、このような働かせ方は、労働者の命を脅かします。

以上、重ねて、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」には賛成しないよう、強く求めます。

2018年5月28日
長崎県労働組合総連合
(長崎県労連)
議長 大場雅信
posted by nagasakikenrouren at 12:58| Comment(0) | 見解・声明 | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

高度プロフェッショナル制度は過労死促進制度!「働き方改革一括法案」の採決を強行するな。

180515_01.jpg
ネット署名も行われています。こちら

安倍内閣は、6月20日の国会会期末に間に合わせるため、5月23日、遅くとも25日に衆議院厚生労働委員会で「働き方改革法案」の採決を強行する構えであることが労働弁護団のニュースに掲載されました。この法案は「過労死増進法案」、特に、高度プロフェッショナル制度は「白紙の奴隷契約」であり、我々労働者は絶対に許すことはできません。

そこで、長崎県労連及び加盟各組合は、以下のような「要請文」を長崎県選出国会議員に送り、この「働き方改革一括法案」の採決を強行しないよう内閣に対して要請することを求めています。


(長崎県選出国会議員)様

高度プロフェッショナル制度は過労死促進制度!
「働き方改革一括法案」強行採決をやめさせてください!

 貴職におきましてはますますご清栄のことと思います。
さて、安倍内閣は5月23日、遅くとも25日には「労働基準法等の一部改正案」いわゆる働き方改革一括法案を衆議院厚生労働委員会で採決を強行しようとしています。
 裁量労働制の適用範囲拡大については、根拠となるデータのねつ造が発覚し法案から削除されました。しかし、残りの「高度プロフェッショナル制度」「残業時間の上限規制」「同一労働同一賃金」に関する部分は温存したまま、安倍内閣は4月27日に実質審議入りを強行しました。
 高度プロフェッショナル制度は、一定の所得水準(今回は平均的な年収の3倍を超える程度・1075万円)の労働者が時間外労働をした場合、割り増し賃金を支払わなくてもよいという内容です。しかしこの基準は法律では無く、政令で定められるため内閣の胸先三寸で変更することができるところが大問題です。財界は400万円を希望しており、これが実現すると労働者の大半が適用範囲に入ってしまいます。さらに、「1075万円」は残業代込みなのかも不明です。このような制度は絶対に認めるわけにはいきません。
 さらに、残業時間の上限規制について法案では、忙しい時期は100時間未満、2~6カ月平均で1月あたり80時間となっています。これは過労死ラインの残業時間に国が「お墨付き」を与えるもので、「全国過労死を考える家族の会」などの団体も反対しています。
 今回の改正案は、どの点を取っても過労死促進法案そのものです。私たち労働者は、ナショナルセンターの違いを乗り越え一致団結し、絶対にこの法案成立を阻止する覚悟です。
 貴職におきましては、この「働き方改革一括法案」の強行採決を行わないよう内閣に対して要請していただくことをお願いいたします。

posted by nagasakikenrouren at 08:26| Comment(0) | 見解・声明 | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

【報告】3月15日、春闘山場の夕方アピール行動を急遽変更し、#0315国会前抗議 連帯「もう許せない! 国民と国会を愚ろうする安倍内閣は退陣せよ! 3・15緊急集会ながさき」に結集!

180315_01.JPG

3月14日は、私たち労働組合が提出した春闘要求書に対する、統一回答指定日でした。
その翌日、3月15日は全国で「山場」に位置づけられ、「三大要求」を掲げ、全組合員参加型の統一行動が終日行動として多面的に展開されました。
「三大要求」とは、
  1. すべての働く人の賃上げ・実質賃金の改善、最賃今すぐ1,000円以上の実現
  2. 安倍「働き方改革」撤回!格差是正・均等待遇と時短・労働時間の上限規制の実現
  3. 9条改憲反対・戦争する国づくり反対、消費税増税中止・社会保障の拡充
です。長崎においても、春闘方針に基づき、この日の夕方はアピール行動を予定していたのですが…
「国民と国会を愚ろうする安倍内閣は許せない!」との声を長崎からも上げよう!ということになり、15日は急遽、ながさき市民連合の主催で、「もう許せない! 国民と国会を愚ろうする安倍内閣は退陣せよ! 3・15緊急集会ながさき」が開催され、県春闘共闘もこれに結集しました。

当日は、会場となった鉄橋(長崎市・浜町アーケード入口)に集まった270人が、安倍政権の退陣を強く迫りました。

ここでは、リレートークの中で県春闘共闘会議事務局長が行ったスピーチの概要を報告します。


お疲れ様です。憲法改悪阻止県共同センターから、長崎県春闘共闘会議の鳥巣と申します。

本来この時間は、春闘共闘が、夕方アピール行動を、この場所で予定していました。
私からは、安倍「働き方改革」の撤回について、訴えたいと思います。

安倍首相は、裁量労働を巡るデータねつ造、つまり、嘘のデータで国会議員をだまして、働き方改革関連法案の提出理由にしようとしました。さすがにこれは激しい批判を受けて、法案から裁量労働制の適用拡大に関わる部分が削除されることになりました。
しかしそれ以外の部分は、この期に及んでも、政府与党は今国会での成立をめざしています。

法案の重大な問題点、ここでは2つを指摘しておきます。

まず、長時間労働是正、これは、「99時間59分59秒の残業を可能だ、という誤ったメッセージ」を使用者に与えるものでしかない、ということです。

次に、高度プロフェッショナル制度ですが、年収1,075万円以上で専門的な仕事をする者を労働時間規制から除外するもので、対象者には所定労働時間がなくなり、残業という概念すらなくなる制度です。
平たく言うと、電通の高橋まつりさんを過労自死に招いた、あのような壮絶な働き方が、年収によってはまったく合法という、とんでもないことになるのです。しかもその対象年収は、今後引き下げられることが目論まれています。

昨日(3/14)早朝、三菱の労働組合、長船分会の皆さんと一緒に配ったチラシの中で、アンケートに寄せられた切実な声が紹介されていました。
「(主人は、)家族との時間を削り、健康を犠牲にしながら1~2時間の睡眠時間で仕事をしています。会社からすると大勢いる社員の中の一人でしょうが、私ども家族にとってはたった一人の大切な主人です。代わりはいないのです!」

こんな内容でした。しかもこのご主人は、サービス残業で働いているというのです。

1886年5月1日、いまのメーデーの起源となった、8時間労働制を要求したストライキがアメリカで起こりました。そのスローガンは、「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために!」です。これは、人間らしい労働、暮らしを求めたものです。

残業は、増えるごとに、「私の時間」か、眠る時間を奪うのです。

お願いがあります。
労働組合に、ぜひ、入ってください。みんなの力がなければ、「家族にとってはたった一人の大切な」親、夫、妻、子どもを守ることはできないからです。

私たち労働組合は、働き方改革関連一括法案の国会提出の断念を政府に強く要求します。

そして、データねつ造や公文書改ざんなど、息をするように繰り返しくりかえし、国民と国会を欺き、ばかにし、愚弄している安倍政権全閣僚の1秒も早い退陣と、憲法と民主主義に立脚した新しい政権づくりを可及的すみやかに行うよう、強く求めます。

ともにがんばりましょう!

posted by nagasakikenrouren at 20:43| Comment(0) | 春闘 | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

長崎県春闘共闘会議/2018地域総行動

18021500.jpg

「安倍9条改憲NO!労働法制改悪を許さず、賃上げと安定雇用で地域活性化を!」をスローガンに、わたしたちは春闘にとりくんでいます。

期間中、各組合はそれぞれ雇用主へ要求書を提出し、団体交渉などを行い要求実現をめざします。また、そのような職場の中でのとりくみと同時に、春闘の内容と意義を広く世論へお知らせする活動も、毎年欠かさず行っています。

特に今年は、生計費原則を基礎に、すべての働く人々の暮らしを改善する大幅賃上げ・底上げを実現するために、そして、「8時間働いたら帰る。残業代がなくても、だれもが普通に暮らしていける、そんな社会でこそ、経済も地域もうまく回る」ということをみんなで確認し合い、安心して働き暮らせる地域循環型社会をめざして、私たちはアピールしています。

そのアピールの一環として、「地域総行動」にとりくんでいます。2月15日、早朝宣伝、団体訪問、闘争宣言集会を行いました。


18021501.jpg

【早朝宣伝】
この日は若干強い雨が降りましたので、三菱造船所前での宣伝は中止となりましたが、長崎駅前と長崎市役所前では、可能な範囲で早朝宣伝を行い、ポケットティッシュ付きのチラシを配布しました。

【団体訪問】
例年この時期、県内の経営者団体、企業、公的機関などを訪問し、春闘の諸課題について懇談しています。この日は、九州電力長崎支社、県経営者協会、長崎労働局を訪問しました。
都合でこの日に訪問できなかったところについても、3月にかけて、引き続き懇談を行います。


18021502.jpg

【闘争宣言集会】
夕方は、加盟組合の代表が集まり、日中の懇談の報告と各組合からの春闘をたたかう決意表明が行われ、以下の「闘争宣言」を採択してこの日の行動を終わりました。



2018年春闘・闘争宣言

 18国民春闘で、すべての労働者の賃上げと底上げ、雇用の安定を実現するために、すべての組合が組合員の総力を結集してたたかおう。「社会的な賃金闘争」を推進し、生計費原則に基づく大幅賃上げの世論を呼び起こし、共同を徹底して強化しよう。誰もが安心して働き、スキルを磨き、将来展望が持てる、それが当たり前の日本と長崎を実現しよう。改憲発議と「働き方改革」を阻止し、暮らしをまもり、安全・安心な社会を実現しよう。

 安倍首相は、年頭あいさつや通常国会の所信表明で、憲法「改正」へ異常な執念をみせた。憲法9条に"自衛隊"を明記するというからくりによって、憲法の基本理念の一つである平和主義を空文化し、アメリカとともに戦争する国づくりへ、本質的な転換をねらっている。戦後72年間、憲法のもとで根付いてきた恒久平和を掲げる日本が軍事国家に大転換させられようとしている。
 また、安倍首相がすすめるアベノミクスによって、大企業は、非情なリストラと非正規雇用の濫用などで、史上空前の利益をあげながら総人件費抑制を続けている。さらに下請け叩きも強め、400兆円を超える内部留保を貯め込んでいる。一方で、日本経団連の中心企業の不法行為が相次いで表面化した。短期的利益を追求するあまり、「生産性向上」の名のもとに行ったリストラの結果、日本の製造業に対する国際的な信用を失墜させた。
 労働者の実質賃金は低下の一途をたどり、低所得者の増加による消費の低迷が、中小企業の経営危機を呼び、人口減少と地域経済の疲弊を招いている。労働者の4割は非正規雇用となり、国民の間での格差と貧困はますます広がっている。しかし安倍首相は、今通常国会で、戦後の民主化の中で勝ち取ってきた労働権や労働者保護の大改悪をねらっている。財界の求めに応えて、「働き方改革」と称して、残業代ゼロや過労死ラインの時間外規制上限の合法化などを通じて労働者保護法制そのものを破壊し、さらに収奪を強めようとしている。こうした策動は、絶対に阻止しなければならない。

 私たち長崎県春闘共闘会議は、「安倍9条改憲NO!労働法制改悪を許さず、賃上げと安定雇用で地域活性化を!」のスローガンを掲げ、18春闘をたたかいぬく。労働者・国民の生活と権利、平和と民主主義、立憲主義と個人の尊厳を守るため、一人ひとりが要求を掲げ、ともに声をあげ、国民春闘をたたかうことを宣言する。
 要求実現に向け、ともに立ちあがろう。

2018年2月15日
長崎県春闘共闘会議/2018地域総行動
posted by nagasakikenrouren at 21:06| Comment(0) | 春闘 | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

長崎県知事選挙の結果について(民主長崎県政をつくる会)

hototohito.jpg

昨日投票が行われた長崎県知事選挙の結果について、民主長崎県政をつくる会から「結果について」文書が公表されましたので、紹介します。



2018年2月5日
県知事選挙の結果について
民主長崎県政をつくる会

「民主長崎県政をつくる会」は2018年長崎県知事選挙において、無所属新人の原口敏彦氏を会の候補者として擁立してたたかいました。

結果は得票94,442票、得票率23.2パーセントで、残念ながら当選には至りませんでしたが、投票率が低下するなかで善戦し、得票率はこれまでの「民主長崎県政をつくる会」の候補としては最高となりました。ご支持いただきました全ての県民のみなさまに感謝申し上げます。

また、私共の協力・支援の要請に応じていただきました、または対応していただきました団体・個人のみなさま、そして会の加盟団体の構成員のみなさまをはじめ多くの方々ののご支持・ご支援により健闘することができたものと思っております。

私共、今回の選挙におきましては、大型公共事業からくらし応援の県政への転換を訴えて参りました。特に諫早湾干拓問題、石木ダム問題、新幹線問題、カジノ誘致問題などと共に「医療費助成の年齢拡大を」、「すべての教室にエアコンを」、「国民健康保険料の1万円切り下げを」など県民生活に密着した切実な要求に応えることのできる予算への転換を訴えて参りました。このような県政の転換をめざす私共の訴えと政策は多くの県民の心に響くものだったと確信しています。

「石木ダム」の所在地の川棚町で、また長崎新幹線の終点である長崎市で30パーセントを超える得票を得たことは、これらの課題に多くの人が疑義を持っていることの表れであることを示しております。

同時に、「9条改憲を許さず、核兵器禁止条約への調印を政府に求める」という主張も全国的な「市民と野党の共闘」の流れと相まって広く県民に受け入れられたと思っております。今後とも「市民と野党の共闘」を強く、太くするために力を注いで参ります。

私共はここ数年来、「住民生活の安定と住民福祉の向上」という地方自治本来の政治のあり方を求めて、県政の諸課題についての学習会・集会を重ね、県政の問題点を指摘すると同時に重要な問題については県に要請し、県民の声を届ける努力を重ねて参りました。

そして、今回の選挙を通じて、多くの方々から県政の諸問題についての切実で貴重なご意見をいただきました。

そのご意見をしっかりと受け止めながら、選挙戦で公約した政策を一歩でも前進させ、会の目的である「県民本位の県政の実現」のために力を尽くしたいと考えております。

今後とも「民主長崎県政をつくる会」へのご支援・ご協力をお願い申し上げます。
posted by nagasakikenrouren at 18:09| Comment(0) | 知事選 | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

投票に行こう!@ #長崎 県知事選挙

chijisen180204.jpg

2018年1月18日に告示された長崎県知事選は、いよいよ明日2月4日(日)が投票日です。

今後4年間の県政の舵取りを行う首長を選ぶ大事な選挙です。組合員の皆さん、そして有権者の皆さんが漏れなく投票に行かれることを呼びかけます。

新しい知事に求める(要求する)べき課題とは、何でしょうか。

長崎県労連も加わっている「軍事費を削って、くらしと福祉・教育の充実を」国民大運動長崎県実行委員会では、「県民のくらしを守るための要求書」を毎年長崎県に提出しています。その中では、県に対し、例えば次のようなことを求めています。
  • 子ども医療費助成拡充について、子育て支援の柱の一つとして重視し、長崎県として子ども医療費助成を中学卒業まで実施すること。
  • 県民所得向上に関して、最低賃金を、時給1,000円以上に引き上げるよう国に要請すること。同時に長崎地方最低賃金審議会へ最低賃金の大幅引き上げを働きかけること。また、全国一律最低賃金制度の実現に向けて、最低賃金法の抜本的見直しを行うよう国に要請すること。
  • 石木ダム建設計画は、直ちに白紙撤回すること。強制収用などという民主主義に反する暴挙は断じて行わないこと。必要性のないこの事業は浪費そのものであり、住民の基本的人権を侵害することは許されない。
  • 諫早湾干拓での排水門開門調査については、福岡高裁の確定判決に従い、農業被害が起きないように万全な対策を行い、早期に開門調査を行うこと。なによりも有明海異変と、漁業の壊滅的被害を直視すべきであり、漁民を犠牲にし、確定判決の不履行という法の支配を覆す暴挙は、一刻も早く止めるべきである。
  • カジノ誘致推進を直ちに中止すること。
  • 長崎「新幹線」については、県民合意もなく、税金のムダ使いであることから、整備を凍結すること。
  • 被爆県自治体として、日本政府に「核兵器完全禁止条約」への参加を強く求めること。
  • 被爆県を戦争の出撃基地にさせてはならない。
など。

県の仕事や役割については、国や市町村に比べてなかなか分かりにくい面もありますが、私たちの暮らしとは切り離せない存在。
ましてや、そのトップである知事の判断や行動は、地域の未来を左右します。

特に、長崎を去る若者が少なくない現状にあって、「8時間働いたら帰る。残業代がなくても、だれもが普通に暮らしていける」、そんな長崎を実現させてこそ、経済も地域もうまく回るし、若者が生き生き暮らせる街になれると思うのです。

ぜひ、明日は「孤独に思考し、判断し、」投票に行きましょう。
posted by nagasakikenrouren at 16:45| Comment(0) | 知事選 | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

2018年 新年あいさつ

fornewyear_nrouren.jpg

2018年の元旦にあたり、新年のごあいさつを申し上げます。

昨年、安倍首相は2020年憲法「改正」の施行を打ち出し、今年6月頃には改憲発議を行い、国民投票に踏み切ることをねらっています。さらに財界や人材ビジネスの意向を丸呑みした働き方「改革」と称する雇用・労働条件の規制破壊についても、間もなく始まる通常国会に「一括法案」を上程して、スピードを上げて進もうとしています。
一方で、長時間過密労働、低賃金、残業代不払い、ハラスメント…職場の過酷さから、過労死、過労自殺が後を絶ちません。

私たち労働者にとって極めて危険な状況の中、今年は、労働者のいのちと暮らしを守るとりくみ、具体的には、全国一律最低賃金制度の実現など賃金底上げと大幅賃上げ、安倍働き方「改革」に対抗するとりくみ、8時間働けばふつうに暮らせる社会の実現、改憲策動に反対するとりくみなどに県労連が一丸となって前進することがとても大事な一年となります。

働くこと(憲法27条)を労働組合(同28条)で守り抜くという、憲法に保障された労働者の権利は、一人ひとりの労働者の権利であると同時に労働者全体の権利です。
この権利を積極的に行使し、一歩ずつみんなで団結していくことが大切です。

長崎県労連は、県内の10の労働組合(産業別の地方組織または単位組合)で組織している「ローカルセンター」です。県内の労働者の大多数が労働組合に入っていないという現状の中では、まだまだ小さな集まりですが、「核兵器による惨禍を経験し、ここに働く県民の『希望に輝く未来のために』、全国の労働者・国民と連帯して」(県労連行動綱領)今年もたたかっていきます。

そして、2月は長崎県知事選挙です。県労連も加盟している「民主長崎県政をつくる会」は、候補者を擁立してたたかいます。生まれ育った場所で静かに普通に暮らしたいとの地域住民の願いを無視して強引に建設が進められている石木ダム、漁民の苦しみを顧みず確定判決を無視し続ける諫早湾干拓のような開発中心・強権的な県政ではなく、真に県民のいのちとくらしを守る、人にやさしい県政を実現するためには何をなすべきか、県民の要求はどこにあるのか、一緒に考え行動していく良い機会になれば、と思います。

今年もよろしくお願いいたします。
長崎県労働組合総連合
議長  大場 雅信
幹事会役員一同

posted by nagasakikenrouren at 09:17| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする