2015年12月31日

「歯を食いしばってがんばっている仲間を思いながら、がんばろう」 長崎県春闘共闘、16春闘討論集会を開催。(12/12〜13)

長崎県春闘共闘会議は、12月12日(土)から13日(日)にかけて、長崎市内において「2016春闘討論集会」を開催しました。熊本県労連の楳本光男議長を招いた学習講演をはじめ、三菱長船分会、農協労組などから現状報告がありました。

冒頭あいさつに立った中里議長は、9月の戦争法案採決直前に自ら体験した国会前の状況について、警察が設置した危険な鉄柵が、やがて人がとても多くなり取り除かれたこと、多くの若者や有名人がスピーチに立ったこと、終始整然とした行動で終了後は必ず清掃が行われていたことなどを紹介しながら、「成熟した民主主義の行動」であったことを指摘し、「明るい展望を持って、意気高く春闘をたたかおう」と参加者に訴えました。

15121201.jpg

「いまの労働者や政治を取り巻く状況の特徴点と16春闘をたたかう展望について」と題した学習講演では、講師を務めた熊本県労連楳本光男議長はまず、憲法を遵守しなければいけない首相が最も憲法を敵視し、憲法違反の法律(戦争法や改悪労働者派遣法など)を強行採決、成立させることを許してしまっている異常な国家の状況を本当に深刻に受け止めなければならない、単に戦争法反対だけではなく民主主義を守らなければならない、と指摘したうえで、戦争法、グローバル経済、社会保障、教育、労働法といった個別の課題について、その「異常」を解き明かしていきました。そして、国民が今の異常な状況に気づくことが本気で求められていること、働くこと(憲法27条)を労働組合(同28条)で守り抜くこと、そのために、労働組合に結集するわたしたちは運動の先頭に立って、格好悪くても走り続けること、励まし合いながらたたかえばきっと勝てる、と今後への展望を示しました。

15121202.jpg

続いて、春闘の今後の取り組みについての説明の後、「特別報告」では、長船分会から、造船労働者の実態ついて客船建造現場の現状と分社化の話題を中心に報告がありました。また、全体討論では、県庁臨時職員裁判をはじめ訴訟の経過報告、マイナンバーなどについて発言がありました。

2日目はまず、3班に分かれて分散会を行いました。自己紹介をしながら、具体的に職場の実態や悩みなどを出し合い、議論を行いました。各班では、「どこも人が足りない、疲労が増している、職場の雰囲気が悪くなっている」「若いうちから労働法制を学ぶべき」「今、労働者の賃金を上げるだけでは解決しない。地場の中小企業をどのように生き返らせるか」といった意見が出され、盛り上がったようです。また、ある班ではマイナンバーについて職場の現状を出し合い、労働組合としてどのように対応すべきかの議論が行われていました。

15121301.jpg

その後、まとめの全体会を行いました。
はじめに、1日目に続いて特別報告。農協労組から農協法改悪、農協改革やTPPを巡る情勢について、そして建交労から2つの裁判(光洋商事、おおとり運送)の途中経過について、それぞれ報告がありました。建交労の報告者からは「あきらめず、自分たちのやってきたことは間違いなかったと勝利解決したい」との決意も語られました。
特別報告のあと、各班からの報告をうけて全体討論を行い、最後に、春闘勝利を目指し団結ガンバローで閉会しました。

「職場に帰って、歯を食いしばってがんばっている仲間を思いながら、がんばろう」
posted by nagasakikenrouren at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春闘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432034985
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック