2017年10月31日

お知らせ:長崎県労連ホームページの移行について(ブログとホームページを統合)

seesaa_profile_icon

これまで、長崎県労連のホームページは "http://www.h3.dion.ne.jp/~n.rouren/" で運営してきましたが、プロバイダによる「HP公開代理サービス終了」に伴い、2017年10月31日で閉鎖されてしまいます。

そこで今後は、このブログ、"http://nagasakikenrouren.seesaa.net/" をホームページとしても活用していくことにして、タイトルも「長崎県労連ニュース」から「長崎県労連・労働相談センター」に変更しました。

引き続き、"http://nagasakikenrouren.seesaa.net/" をよろしくお願いいたします。
posted by nagasakikenrouren at 21:49| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

長崎県労連について

about.jpg

長崎県労連について


1989年、労働者・国民の利益をなによりも大切にするナショナルセンター(全国組織)として、全国労働組合総連合(全労連)が誕生しました。
長崎県労働組合総連合(長崎県労連)は、この全労連に加盟している都道府県組合(地方組織=ローカルセンター)の一つとして、1990年6月30日に結成しました。
長崎県労連は、長崎県下労働運動の積極的なたたかいの伝統を受け継ぎ、組織の充実・強化をはかり、県下すべての働く人びとの暮らしを守り、輝かしい未来と、自由で平和な社会実現のためにたたかいます。

■長崎県労連の基本原則(1990.6.30「長崎県労連結成宣言」より)

私たち長崎県労連は、労働組合は労働者の暮らしと権利を守るためにこそ生まれたという、労働組合の原点に立って、
  1. 「資本からの独立」「政党からの独立」「一致する要求での統一行動」の三原則を堅持します。
  2. いかなる政党の支持も排除もせず、組合員の政党支持の自由と政治活動の自由を保障します。
  3. 「みんなで決めて、みんなでたたかう」という組合民主主義をつらぬきます。
  4. 産業別労働組合と地区・地域別労働組合とを対等平等の構成単位とし、産業別のたたかいと地域のたたかいを調整して、全県的・全国的な統一闘争を組織します。
  5. 多くの労働組合、未組織労働者と連帯し、真の労働戦線統一のために奮闘します。
  6. すべての労働者・県民の要求実現、民主主義の擁護・発展と恒久平和、県政ならびに国政革新のためたたかいます。

■長崎県労連は次の基本的な要求の実現をめざしてたたかいます。(1990.6.30「長崎県労連行動綱領」より。表現が若干古いですが、原文のまま掲載。)
  1. 私たちは、大幅賃上げ、全国一律最低賃金制の確立、賃下げなしの労働時間短縮、「合理化」反対、雇用確保、真の男女平等の実現、公務員の労働基本権回復、職場・地域における差別撤廃など、労働者の切実な要求の実現をめざします。
  2. 私たちは、軍拡・臨調路線に反対し、健保・年金など社会保障制度の拡充、消費税廃止、コメ農畜産物の輸入自由化反対、農漁業と中小・零細企業の振興、下水道をはじめとする生活関連社会資本の拡充などを中心とした県民生活向上をめざします。
  3. 私たちは、天皇「元首化」、憲法改悪、国家機密法や警察拘禁二法など反動立法、司法の反動化に反対するとともに、言論の自由を圧殺する右翼テロおよびこれを擁護する動きを糾弾し、自由と民主主義の確立をめざします。
  4. 私たちは、地方行革に反対し、民主・効率・公正な行財政、地方自治の確立をめざします。
  5. 私たちは、臨教審路線に反対し、民主教育の確立、豊かな文化・スポーツの創造をめざします。
  6. 私たちは、核戦争阻止、核兵器緊急廃絶、被爆者援護法の制定、米軍基地の撤去と日米軍事同盟の解消を求め、中立・民主の日本を実現し、世界の恒久平和をめざします。
  7. 私たちは、地球環境保全、人種差別の解消、国境を越えた労働者の連帯に向け国際的運動を強めます。

■長崎県労働組合総連合
長崎市恵美須町2-12 サンロイヤルII 2階
Tel:095-828-6176(労働相談を除く)
Tel(労働相談専用):0120-378-060 または 095-832-8045
Fax:095-832-8045
メール:
n.rouren@d9.dion.ne.jp(代表)
nagasakikenrouren@ab.auone-net.jp(労働相談専用)

※上記各アドレスに対する、広告宣伝を目的としたメール(特定電子メール)の送信を固く禁じます(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律施行規則第3条)

●ホームページ・ブログ(長崎県労連ニュース)
  http://nagasakikenrouren.seesaa.net/
●Twitter(長崎県労連事務局(の中の人))
  https://twitter.com/zenroren_ngs/
●Facebookページ(長崎県労連 (Zenroren-NAGASAKI))
  https://www.facebook.com/zenroren.nagasaki/
posted by nagasakikenrouren at 20:41| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

労働相談について

ひとりで悩まず、まず電話

相談は無料です
秘密は守ります

労働相談は、長崎県労連・労働相談センターへ

【労働相談ホットライン】

フリーダイヤル 0120-378-060

または 095-832-8045

(平日の10:00から16:00まで。土日祝、お盆、年末年始はお休み)

メールでもどうぞ(常時受付中です)
メールでご相談のときは、適切なアドバイスのために
市町村名、氏名、年代、性別、雇用形態、事業所規模、電話
などを可能な限りご記入ください。


posted by nagasakikenrouren at 20:11| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

明日5月1日(月)、第88回メーデー長崎県集会を開催します!

第88回メーデーポスター(A3長崎).jpg

メーデーは、1886年にアメリカの労働組合が「8時間労働制」を要求してゼネストに決起したことが起源といわれています。先人たちがたたかい求めてきたメーデーの起源「8時間労働」の実現は、いま改めて、重要な課題となっています。

電通過労死事件を機に長時間労働の是正が注目される中、安倍政権の「働き方改革」においても残業時間の上限規制が検討されています。しかしその内容は、事実上月100時間もの時間外労働を可能とするものとなっていて、私たちが求める「8時間労働が当たり前の社会」、「人間らしく生き働き続けられる社会」とは真逆のものであり、とうてい容認できません。

また、労働時間のみならず、様々な課題がこの国のあり方や国民生活に重大な影響を及ぼすような歴史的岐路を迎えようとしています。

そのような中、明日開催する第88回メーデーは、賃上げと雇用の安定・働くルール確立で「8時間労働」でまともに暮らせる社会の実現、共謀罪(テロ等準備罪)の創設反対、核兵器全面禁止条約の実現、南スーダンからの自衛隊撤退、軍事的挑発ではなく粘り強い外交努力による国際紛争の解決、憲法を守りいかす社会の実現、人間復興、持続可能な地域循環型社会の実現、多国籍企業の横暴規制・格差是正へ向けた世界の労働者との連帯などを求めて、多くの団体、人々と手を携えて決起する場として開催します。

■第88回メーデー長崎県集会
日時: 5月1日(月)★文化行事9時45分~ ★集会9時55分~
 ★パレード11時10分~
 【コース】魚の町公園→賑橋電停左折→観光通り→銅座通り→湊公園(流れ解散)
場所:魚の町公園(長崎市魚の町・長崎市民会館前)
※今回から、旧公会堂(解体工事中)向かいの市民会館前の広場に場所を移しての開催です。
※雨天決行です(因みに天気予報によりますと、当日の降水確率は0%です)

なお、長崎県内各地でも、以下のとおりメーデー集会が開催されます。
お誘い合わせのうえ、多数ご参加ください。

★五島地区メーデー(集会・デモ行進)※実施済み
 日 時  4月28日(金)11:00~12:00
 場 所  福江文化会館前(屋外開催・デモ行進)

★県北(佐世保)地区メーデー(集会・デモ行進)
日 時  5月1日(月)18:00~19:00
場 所  島瀬公園(集会・デモ行進) 

 ★大村地区集会メーデー
日 時  5月1日(月)18:00~20:00
場 所  大村市コミュニティセンター2F 

★諫早地区集会メーデー
 日 時  5月1日(月)18:00~20:00
 場 所  諫早市社会福祉協議会(新道町)

posted by nagasakikenrouren at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

1月25日、県労連事務局と労働相談は臨時休業します

おはようございます。
本日(1/25)、長崎市内は49年前の記録を塗り替える大雪に伴いすべての公共交通機関が止まっているため、長崎県労連事務局は臨時休業致します。
電話による労働相談もお休みします。どうかご了承ください。
posted by nagasakikenrouren at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

2016年 新年のごあいさつ

新年のごあいさつを申し上げます

昨年は、安倍政権が憲法の基本原則と民意を蔑ろにして、アメリカと一緒に戦争する国づくりと、労働者・国民、地域社会を犠牲にしたグローバル競争国家づくりという「二つの暴走」をますます強権的に加速させた1年でした。
そのような国政の動きは、被爆70周年を迎え、平和な世界の実現を強く願うナガサキの思いを時として強く踏みにじるものだったと言えます。
だからこそ、全国各地でこれまでになく広範な人々が声をあげ、デモや集会へと多くの人々が立ちあがったのと同様に、長崎においても、安保闘争以来というべき運動の高揚がみられた1年でありました。

私たちの暮らしと日本社会の未来を左右する岐路にある今、憲法をベースにした、すべての国民が幸福を享受できる社会の実現を展望し、民主主義を国政でそして身近な地域であらためて深め、その妨げとなる安倍暴走政治をストップさせ、憲法を守り生かす運動を地域のすみずみまで広げましょう。

今年もよろしくお願い致します。

2016年1月
長崎県労働組合総連合

※長崎県労連事務局と労働相談センターは、1月6日(水)から業務を開始します。
posted by nagasakikenrouren at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

長崎県労連事務局の年末年始のお休みについて

年末年始は、12月27日(土)から1月4日(日)まで、労働相談センター(電話番号0120-378-060)をはじめ、事務局業務をお休みさせていただきます。
メールによる労働相談も、返信は1月5日(月)以降となりますので、併せてご了承ください。
posted by nagasakikenrouren at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

こんどの日曜日は、選挙に行って、政治を変えよう!#総選挙

アベノミクスによる物価上昇により、実質賃金は16か月連続のマイナス。消費税8%への引き上げで、日本経済は想定外の落ち込み。国内経済を回復させるには、GDPの6割を占める個人消費の回復が必要。そのために一番効果的なのは、賃上げや年金の拡充で国民のふところを温めること!#総選挙

消費税の10%への引き上げはただちに中止し、税率を元に戻すべき。所得を増やし中小企業の支援で内需拡大を!こんどの日曜日は、わたしたちの暮らしと日本の未来がかかった歴史的なチャンス。働くものを苦しめた政治に歯止めをかけ、労働者・国民本位の政治にしようではありませんか。#総選挙

二度と戦争はしないと誓った憲法九条の下、日本は海外での戦闘で一人も殺さない、殺されない国として歩んできました。同盟国が戦争しているから、危険だからという理由で日本が戦争に巻き込まれるのが集団的自衛権。戦争する国づくりNO!平和外交を求めるわたしたちの意思を示しましょう。#総選挙

今年、国民的な批判と運動で、労働者派遣法「改正」案は二度廃案になりました。派遣労働は一時的・臨時的に限定することが条件ですが、政府財界はその規制を取り払い、一生派遣労働で働かせようとしています。「生涯派遣」を強いる改悪を許さず、人間らしい働き方を求める声を上げましょう!#総選挙

大企業ばかりがもうけるのでなく、すべての働く人々の「安定した良質な雇用」そして実質賃金の引き上げこそが最も有効な経済対策。ブラック企業や労働基準法違反をなくす政治を実現しましょう!人間らしく働くルールを取り戻すことが、少子化を克服し、地域経済のためにも重要。14日は→ #総選挙

東日本大震災からまもなく4年。一方で、福島事故の修復の見込みも立たないのに原発再稼働が進められています。原発に依存するエネルギー政策を続けるのか、原発ゼロの政治決断を行い、再生可能エネルギーへ大きく転換させるのかが問われています。原発ゼロの日本を実現しましょう!#総選挙

医療費負担高騰、年金切り下げ、老人ホームや保育所の不足、サービス受けられない介護保険制度…社会保障切下げや格差と貧困は今深刻な社会問題。最低賃金引き上げ、安心の年金制度や生活保護制度など、憲法25条で保障された健康で文化的な最低限度の生活を実現する責任が政治にはあります!#総選挙

------------
組合員のみなさん、そして県内の労働者・県民のみなさん。 
私たちがめざすのは、強権国家、ブラック企業がはびこる長崎や日本ではなく、人が幸せに暮らせる社会、働く人々や庶民が元気な長崎、そして日本であるはずです。

「憲法をまもり、いかそう」を合言葉に、戦争する国づくりにノー、そして、働く人々や庶民を犠牲にした大企業の利益第一の国づくりに明確なノーの審判をくだしましょう。 

決してあきらめずに、みんなで誘いあって選挙権を必ず行使しましょう。そして、私たちの暮らしと日本社会の未来を切り拓く歴史的な日にしましょう!

選挙行こう.jpg
posted by nagasakikenrouren at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

昨日に続き、7月1日18時から「#集団的自衛権 行使容認」の閣議決定を許さない緊急集会があります! #長崎

6月30日、「集団的自衛権行使容認」の閣議決定を許さない緊急集会が行われ、主催者発表で500人以上(NHKは、主催者発表で200人以上と報道)が参加しました。登壇者は次々と、「安部政権は国民の声を恐れている。閣議決定がされたとしても私たちは引き続き声をあげ続ける」「#集団的自衛権 は戦争への道」「今後想定される16本の法改正は許さない!」と、参加者、そして家路を急ぐ一般の人々へ訴えかけていました。

しかし、安倍内閣はきょう7月1日にも閣議を開いて、「集団的自衛権行使を可能とする憲法解釈変更」を行なうと報道されています。

連日となりますが、4者による「集団的自衛権行使容認」の閣議決定を認めない緊急集会にご参加ください!

■日時 7月1日(火)18:00〜18:40
■場所 長崎駅前「高架広場」
■主催 憲法改悪阻止長崎県共同センター、県平和センター、長崎地区労、戦争をさせない1001人委員会

140630_01.jpg

140630_02.jpg

140630_03.jpg

140630_04.jpg

140630_05.jpg
posted by nagasakikenrouren at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

【6/30(月)18:00〜 長崎駅前高架広場】「集団的自衛権行使容認」の閣議決定を許さない緊急集会にご参加ください!

安倍政権は、「集団的自衛権行使容認」の閣議決定を7月1日にも行うとの報道がされています。
下記の4者は共同で、緊急の集会を開催することにしました。
趣旨に賛同される方はどなたでも参加できますので、多くの皆さんの参加でアピールしましょう!!
(以下、呼びかけ文)
------------
「集団的自衛権行使容認」の閣議決定を
許さない緊急集会にご参加ください


安倍内閣は7月1日にも「集団的自衛権行使」を容認する閣議決定を行おうとしています。

これまで30年以上、歴代内閣は「海外での武力行使は憲法9条に違反する」としてきました。その国会答弁は数百回に上るといいます。それを安倍内閣は国会にも諮らず、国民の意見も聞かず、自民・公明両党の密室協議で葬り去ろうとしています。

政府が示した閣議決定の最終案では、「集団的自衛権」の文言が盛り込まれ、「密接な関係国への武力攻撃で、国民の生命や権利が根底から覆される明白な危険がある」場合は武力行使できるとしています。しかし、「明白な危険」は時の政府の判断に委ねられており、他国の戦争に加担することに道を開くものです。この道にいったん踏み出せば、政府の一存で海外での戦争参加の道をいくらでも拡大できるようになります。

戦後の平和の歴史の大転換となる「集団的自衛権行使容認」の閣議決定を絶対に許すことはできません。

憲法改悪阻止長崎県共同センターは県平和センター,長崎地区労,戦争をさせない1001人委員会との4者共催による緊急集会を下記のように開催します。

多くの皆様の参加を呼びかけます。のぼり旗、横断幕、ゼッケンを持ち寄りましょう。

■日 時  6月30日(月)18:00~18:40
■場 所  長崎駅前「高架広場」

憲法改悪阻止長崎県共同センター


【6月30日12:50追記】主催者より連絡があり、明日7月1日に閣議決定が強行された場合は、上記と同様の集会を7月1日も行う予定とのことです。

6.30緊急集会.jpg
posted by nagasakikenrouren at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする