2014年01月30日

“原爆や水爆をたたきつけろ”現職自民党県議の暴言に抗議

1月23日夜、自民党の元長崎県議会議長 宮内雪夫県議が、長崎県知事選(2月2日投票)で現職の中村法道候補(自民・公明推薦)の個人演説会で「共産党に一撃、二撃、三撃、もうこれ以上立ち上がることがないように、ドカーンと原爆や水爆をたたきつけるような力で選挙で決定していただきたい」と暴言を吐きました。この暴言に県内外から怒りの声が広がっています。民主長崎県政をつくる会は25日、自民党長崎県連などへ抗議文を出し、謝罪を求めました。
------------
自民党長崎県支部連合会 様
宮内雪夫県議会議員 様
2014年1月25日
民主長崎県政をつくる会


宮内雪夫県議の暴言に抗議し、謝罪を求める


私たち・民主長崎県政をつくる会は、平和と民主主義、「県民が主人公」の長崎県政を実現するために、政党や労働組合、女性団体、青年組織、業者団体、医療団体などで構成されている団体です。

新聞報道によれば、宮内雪夫自民党県会議員は、佐世保市内での中村法道知事候補の個人演説会で、「共産党に一撃、二撃、三撃、これ以上立ち上がることができないような、ドカーンと原爆や水爆をたたきつけるような力で選挙で決定していただきたい」との暴言をおこないました。

この発言は、核兵器を使うことをそそのかすかのごときものであり、核兵器の廃絶を求めている被爆者、県民に対する冒とくで、ましてや被爆県長崎県の県会議員として断じて許されないものです。

また、私たちの会の構成団体である日本共産党に対して、原爆、水爆をたたきつけて抹殺するがごときの暴言は、日本国憲法と民主主義をまもるべき県会議員として断じて許されません。

私たちの会は、この発言について宮内県議と自民党県連に厳しく抗議します。宮内県議は記者会見で発言の撤回と謝罪をしたとしていますが、多くの県民は知りません。被爆者をはじめ多くの県民につたわるように、謝罪広告やホームページなどで謝罪することを強く要求します。
------------
posted by nagasakikenrouren at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

選挙に行こう!4年に一度の県知事選挙☆

選挙に行こう!4年に一度の県知事選挙☆


任期満了に伴う第18回長崎県知事選挙が16日告示され、下表のとおり現職と新人が立候補を届け、2月2日の投開票に向けて激しい選挙戦がたたかわれています。

私たち地域住民の生活やくらしは、国の政策は勿論のこと、行政運営に左右されます。

下表(新聞記事等を参考に作成)を参考に、県民生活の向上のため、自らの要求にふさわしい政策を掲げているのはどちらの候補者なのか?しっかりと見極めて一票の権利を行使しましょう。

政策比較.jpg
posted by nagasakikenrouren at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする